オリジナル曲作り方 ライブでオリジナルを歌おう

■ 総合コース(A)にて オリジナル楽曲をつくっている生徒さんの作品などをご紹介 ■

   ▲まずは M . Sさんが作った楽曲がこちらです▲

ソロでライブに挑戦するために

ギターポップな楽曲をイメージして
作りました。

 

作曲:M.Sさん 代表トレーナー

編曲&アレンジ:永井さん(つるの剛士さんなどのアレンジも担当!)

 

GOOD→軽快なポップとしてギター弾き語りなどでも聴いてみたい曲ですね。
NG→作詞のボキャブラリーの少なさに、リスナーが飽きてしまうので

もっと日頃から語彙を増やしておきましょう!

 

コツ:作詞に使える!と感じたフレーズや語彙は、すぐにスマホなどに保存して

曲の断片を日頃から収集しておきましょう。

 

 

......................................《制作までの流れ》......................................

-M.Sさんの場合-

①まず、音楽理論の中から「1時間で誰でも楽譜が書けちゃう法」を学びました。

 

②次に、「作詞セオリー」と「作曲セオリー」を各1時間ずつ受けました。

 

③すぐにメロディが降りて来るようになり、シンガーソングライターに向いている様子がうかがえました。個性的とはいえないけれど、十分にオリジナリティを感じられるメロディー。

 

④LIVEで披露したいという目的があったので、アレンジ外注先へオーダーして

約2週間ぐらいでアレンジがあがってきました。

 

⑤作詞もスムーズに行えたため、すぐに二曲目にもとりかかれました。

 

コメント:自分の方向性がすでに降って来るメロディーに

にじみでていたので、制作にスピード感がありました。

残念なのは仮歌の声がガラガラで、外注先アレンジャーにも

伝わり辛かったので、レコーディングや本番までにしっかり伝えられる

レベルに歌唱力をあげておきましょう!

 


T . Mさん

彼女のテイストに合った
マイナーコードの和曲を
イメージしたバラード楽曲です。


作曲:ご本人

編曲(コード付のみ):代表トレーナー


GOOD→サビメロのインパクトが素晴らしい!思わず歌いたくなりますね。
NG→聴いたことあるメロディ..の印象を抜け出し、もっと個性的に。


......................................《制作までの流れ》......................................

T.Mさんの場合:

①まず、音楽理論の中から「1時間で誰でも楽譜が書けちゃう法」を学びました。

 

②次に、「作詞セオリー」と「作曲セオリー」を各1時間ずつ受けました。

 

③ご自分でフリーソフトにて楽譜を制作してきたので、進みがスムーズになりました。

 

④代表トレーナーが楽曲にコードを付け、ピアノ伴奏しながら、オリジナル曲での歌唱レッスンを重ねました。

 

⑤元々、歌声が良いため、オリジナル曲でのレッスンを行った際に、

歌と歌詞とメロディーがフィットしたときのイメージが解りやすかったです。

 

 

コメント:なかなか作曲に向かう時間が持てず
1曲に随分時間がかかってしまいましたね。笑
まず、自分にどんな曲が合うのか.. に迷っていたため
Kプランにて "自分を知る"ところを追求し、和曲という

方向性を見いだしました。これを外注先アレンジに出して
ぜひ人前で披露してほしいですね♪

 

最短で1ヶ月〜3ヶ月。Aコースに移行すれば誰でもいつでもオリジナル曲を作れます。

生徒さんのLIVEにFORESTオリジナル曲を【レンタル提供】も可!!